こだわり食材

山菜は自然からの贈り物。

若いぶきではすべて手作業で、ていねいに下処理をします。

たとえば里山の春の訪れを告げるふきのとう。

柔らかくて香りがいいふきのとうを採ろうと思うと、土がついたりしているのを小さくても一枚でもきれいに掃除します。

ちょろっと伸びたアケビの芽をとるのもけっこう時間がかかります・・・

口にするときは一瞬ですが、すじ取りやアク抜きなど、山菜は提供するまでに手間のかかるものが多いです。

それでも、お客さんに本当の山菜のおいしさ、その時にしか味わえない食材のよさを伝えたい。

そう思いながら日々の料理をさせていただいています。

「山菜はちょっと苦手なんです・・・」

というお客さんでも、若いぶきで食べていただいた山菜料理は美味しい!とおっしゃってくださることもあります。

こうおっしゃってくださると、ていねいに仕事をしていてよかったな、これからも頑張ろう!と思えます。

街ではなかなか味わえない里山ならではの変わった料理やお酒などもありますので、ぜひ一度若いぶきへお越しくださいね〜!

薬効の高い山菜・野草のお酒や、スズメバチのお酒もあります。

20種類以上の薬草酒、果実酒です。

大きなスズメバチをそのまま漬け込んでいます・・・。

もっと知りたい方は若いぶきにお越しの際にじっくりご覧になってくださいね!

こちらのページもご覧ください↓